診療時間 / 8:30~12:00 15:00~18:00

休診日 / 日曜日・祝祭日

その他の甲状腺の病気

甲状腺の腫瘍について

甲状腺にはさまざまな種類の腫瘍が発生します。ほとんどが良性なのですがときに悪性腫瘍も発生します。
当院ではエコーガイド下穿刺吸引細胞診(採血用の細い針で腫瘍に針を刺して細胞を採取する)による診断を行っております。

腺腫様甲状腺腫

甲状腺にできる腫瘍の中で最も頻度の高いものです。良性腫瘍であり、超音波検査でしか見つからない小さいものから、呼吸、飲み込みに影響するほど大きいものまで様々です。基本的に悪性化はしませんが、良性のまま大きくなることがあること、腫瘍が多発している場合その一部ががんであることもあるため、半年〜1年くらいごとに超音波や採血で経過観察をしていきます。

甲状腺乳頭癌

甲状腺癌は様々な種類に分類されますが、殆どが乳頭癌です。殆どの場合進行が緩やかで、診断して手術治療を行えば高い根治性が得られることが多いです。進行が緩やかな分、万が一再発する場合10年以上して再発することもあるため、手術治療のあとも定期的な経過観察が必要です。
治療に甲状腺全摘術を要した場合には甲状腺ホルモンの内服を続けることが必要です。