お問い合わせ・ご質問

058−213−3310

診療時間 / 8:30~12:00 15:00~18:00

休診日 / 日曜日・祝祭日

二日酔い

お酒を飲みすぎた翌日に起こる、吐き気や胸やけ、頭痛などの不快な症状が「二日酔い」です。二日酔いは、アルコールが分解されてできた「アセトアルデヒド」という物質が、肝臓で十分に処理されないことで起こります。

お酒に酔っている状態とは?

私たちがお酒を飲むことで体内に入ったアルコールは、胃で約20%、小腸で約80%が吸収されます。その後、血液の中に入ってからだ中を巡りますが、脳に到達すると、アルコールが脳の神経細胞を麻痺させます。その状態が「酔った」状態なのです。
どのぐらい酔っているかは脳内のアルコール濃度によってわかりますが、脳のアルコール濃度を測ることはできないため、血液中のアルコール濃度を測定することで「酔いの程度」を判定します。
アルコールの血中濃度によって、酔いの状態は「爽快期」「ほろ酔い期」「酩酊初期」「酩酊期」「泥酔期」「昏睡期」の6段階に分けられます。下の表が血中濃度と酒量、酔いの状態の一般的な目安となりますが、実際には「飲んだ酒量」と「酔いの状態」には個人差が大きいといえます。

体内に入ったアルコールは肝臓で分解される

アルコールは肝臓で代謝されます。肝臓に入るとまず、酵素などの働きで、アセトアルデヒドという物質に分解され、さらにアセテート(酢酸)に分解されます。アセテート(酢酸)は血液にのって全身を回りながら、筋肉や脂肪組織で水と二酸化炭素に分解され、吐く息や汗、尿としてからだの外に排出されます。

二日酔いは、肝臓がアセトアルデヒドを分解しきれないことで起こる

アルコールが肝臓で分解されてできるアセトアルデヒドという物質は、タバコの煙などにも含まれる有害物質。このアセトアルデヒドには、吐き気や動悸、頭痛などを引き起こす働きがあり、これが二日酔いの原因となるのです。お酒をたくさん飲みすぎると、肝臓がアセトアルデヒドを十分に処理しきれず、血液中のアセトアルデヒドの濃度が高くなるため、その毒性によって胃痛や胃もたれ、胸やけ、吐き気、動悸、頭痛などの症状が現れます。
また、アルコールの刺激で胃が荒れ、機能が低下することや、脱水症状になることなども、二日酔いの不快な症状を引き起こす要因となります。

二日酔いになったらどうする?

胃のむかつきや吐き気など、つらい二日酔いには症状に応じた薬を選び、睡眠と水分を十分に摂り、なるべく安静に過しましょう。ビタミン類を多く含む食べ物は、アルコールの分解を促進するのでおすすめです。

医療機関での受診をおすすめする場合

アルコールによって胃の粘膜が荒れ、ひどくなると急性胃炎や胃潰瘍を起こすこともあります。吐き気や胃痛、おう吐など胃の症状がひどく、なかなか治まらない場合は受診しましょう。吐血やタール便がみられる場合は、胃や食道、十二指腸などから出血している可能性もあります。

二日酔いをやわらげてくれる食べ物

お酒を飲んだ後は、アルコールによる利尿作用によって脱水症状を起こしやすくなるため、水分補給を心がけましょう。水分を多く摂ることは、体内のアルコール成分を尿として早く体の外に出すためにも有効です。水よりも体内に吸収されやすいスポーツ飲料を飲んでもいいでしょう。
果物に含まれる果糖やビタミン類にはアルコールの分解や代謝を促す働きがあります。「飲みすぎた!」と思ったら、オレンジジュースを飲んだり、リンゴなどの果物を摂るとよいでしょう。緑茶や柿に多く含まれているタンニンには、胃の粘膜を修復する作用があります。
コーヒーに含まれるカフェインには、頭痛やだるさをやわらげる作用があります。ただし、そのままで飲むと二日酔いの胃には刺激が強いので、ミルクを入れて飲むといいでしょう。

迎え酒は逆効果

よく、「二日酔いには迎え酒」といわれますが、これは本当ではありません。もう一度アルコールを体内に入れ、酔うことで感覚が麻痺し、楽になった気がするだけです。迎え酒を繰り返すことから、アルコール依存症につながる例も多いといわれています。

アルコールの代謝を助けるウコンの摂取もおすすめ

二日酔いによいといわれるウコンには、「クルクミン」というポリフェノールの一種が多く含まれています。クルクミンには、胆汁の分泌を促進し、肝機能を改善する作用があるといわれています。

予防するには?

二日酔いを予防するには、何より「飲みすぎないこと」=「適量を守ること」が大切です。何かを食べながらお酒を飲んだり、水を飲みながらお酒を飲んだりすることで、肝臓や胃の負担を軽くし、アルコール吸収をゆるやかにする効果が期待できます。

アルコールが分解されるスピードは人それぞれ

一般的な目安として、体重60~70kgの人で、ビール中びん1本(500ml)分のアルコールを分解するのに、約4時間かかるといわれています。ただし、このスピードには個人差が大きいため、「何時間たてばアルコールが完全に抜けるか」は一概にはいえません。肝臓が一度に処理できるアルコールの量には限界がありますが、その量にも個人差があります。同じ量のお酒を飲んでも、酔う人もいれば酔わない人もいるのはそのせいです。
お酒に強いかどうかは、肝臓の「アルコールを代謝する能力」の差によって決まります。アルコール代謝能力には、遺伝や体質、体内の水分量や体重、体格の差、男女の違い、年齢など、さまざまな要因が関係しています。人種によっても異なり、日本人は欧米人よりアルコールを分解する酵素の働きが弱いといわれています。強いか弱いかは先天的に決まっている部分が大きいので、たくさん飲めば強くなるとはいえません。

自分にとっての適量を知ることが大切

二日酔いの一番の原因は「飲みすぎ」です。お酒は「適量」を守って飲めば、悪酔いや二日酔いを招くことなく、ほどよく楽しめるものです。
純アルコールに換算して20gを1単位とした場合、1日あたり1?2単位にとどめるのがよい、すなわち「適量」とされています。1単位は、ビールなら中びん1本(500ml)、日本酒なら1合(180ml)、缶チューハイなら1.5缶が目安です(詳しくは下記表参照)。
ただし、「適量」には個人差があり、1~2単位のお酒でも許容範囲を超えてしまう人もいます。まずは自分の適量を知り、飲みすぎないことが予防の第一歩となるでしょう。
体調がよくないときも、アルコールの分解能力が弱くなり、お酒が残りやすくなることがあるので注意しましょう。

チャンポンや夜遅くまでの飲酒も避けて

イッキ飲み」など急に多量のお酒を飲むと、急激に血液中のアルコール濃度が高くなり、体に負担がかかります。違うお酒を次々と飲む「チャンポン」は、種類を変えるうちに飲んだ量がわからなくなり、飲みすぎにつながることがあります。また、夜遅くまで飲み続けるのも、アルコールの分解に朝まで時間がかかってしまうので二日酔いにつながりやすくなります。

つまみには乳製品やタンパク質を含む食品を

空腹時にお酒を飲むと、胃の粘膜がアルコールに刺激されて荒れやすくなります。空っぽの胃にお酒が入ることで、アルコールが急速に吸収され、早く酔いが回ることも。つまみを食べながら飲めば、胃の中の食べ物が膜を作って胃の粘膜を保護してくれます。食べ物を口に運ぶことで飲み方がゆっくりになり、アルコールの吸収もゆるやかになります。
牛乳やチーズなどの脂肪を含む食品を飲む前に食べると、胃に膜を作ってくれます。枝豆や豆腐、肉、魚などのタンパク質を一緒に食べると、肝臓の細胞の再生を促進し、アルコールを分解する力を高めます。アルコールで失われがちなビタミン・ミネラル類を補う野菜も一緒に食べましょう。

水分補給も忘れずに

お酒と一緒に水を飲むと胃が守られます。ウイスキーや焼酎などの強いお酒は、水で割ったり、チェイサーと一緒に飲むようにすると、アルコールの摂取量を抑えられ、血中アルコール濃度の急激な上昇を防ぐので、肝臓への負担も軽くなります。
お酒で体の水分が失われると二日酔いの症状が起こりやすくなるので、水分はよく摂っておきましょう。

出典:第一三共HP