お問い合わせ・ご質問

058−213−3310

診療時間 / 8:30~12:00 15:00~18:00

休診日 / 日曜日・祝祭日

頭痛

頭痛の原因は?

日常的に頭痛に悩む、いわゆる「頭痛もち」の人は多いもの。発症しやすい条件や痛みの抑え方を把握し、自分なりの対策を持つのが大切です。一方で、いつもと違う強い頭痛には心配な病気が隠れている可能性も。まずは、頭痛のメカニズムと原因、見分け方を知りましょう。心配な頭痛の可能性がありそうなら、早めに受診しましょう。

頭痛が起こるメカニズム

頭の内外の血管や頭につながる神経が圧迫や炎症などの刺激を受けたり、頭や首の筋肉が伸び縮みしたりすると、それぞれの部位で痛みの刺激を受け取る部分が反応して発生します。血管で起こった痛みは広い部分に伝わり、頭皮や頭の骨を取り巻く部分に刺激が起こったときはその部分が痛みます。

頭痛の種類

一次性頭痛

普段感じる頭痛の多くは、他に原因となる病気のない「一次性頭痛」です。よく頭痛に見舞われる人だったら、ストレスや生活習慣、姿勢などがきっかけで起こった際に「ああ、前と同じような頭痛だな」という感覚があるかもしれません。
一方、病気などの原因によって引き起こされる頭痛は「二次性頭痛」といいます。特に見逃すと危険性が高い病気、また医師のもとできちんと治療を受ける必要がある病気としては、くも膜下出血、脳腫瘍、慢性硬膜下出血、高血圧性脳症、副鼻腔炎、うつ病などがあります。

二次性頭痛

「昨日は寝不足だった」「ちょっと飲み過ぎたかも」などといった原因が特に思い当たらず、次のような条件にあてはまる場合は、注意すべき病気を原因とした二次性頭痛の可能性があります。なるべく早く受診して、根本的な原因をつきとめることが大切です。

  • 今まで感じたことのない痛みがある場合
  • 突然痛みが出て、どんどんひどくなる場合
  • 頭痛が何度も起こり、最初と比べて痛みが強くなっているように感じる場合
  • 頭痛とともにめまいや吐き気、嘔吐などが現れてきた場合
  • 頭痛とともに目の見えにくさや手足の動きにくさなど、何らかの体の異変を感じた場合
  • 頭痛とともに熱や発疹が生じた場合

熱中症や二日酔いなど、別の症状・原因の結果として起こる頭痛も。

風邪や熱中症、二日酔いなどといった日常的な病気や行動が原因で起こる一過性の頭痛もあります。こうした頭痛も、他に原因がある二次性頭痛に分類されますが思い当たる原因を解消すれば自然に治るものです。頭痛症状が気になる場合は頭痛薬で痛みを鎮めることができますが、生活習慣を整えたり、飲み過ぎに気をつける、外出時の熱中症を避けるなどして原因を回避し、予防することが根本的な対策です。

慢性的に起こる頭痛(一次性頭痛)の主なタイプと対策

原因となる病気などがなく、「同じような痛み方をする頭痛をしょっちゅう経験している」という場合は、慢性的な一次性頭痛が考えられます。
一次性頭痛には主に片頭痛、緊張型頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛の3つのタイプがあり、それぞれ頭痛を誘発する要因や対処法が異なります。自分の頭痛はどのタイプにあたるのかを把握してそれに合った対策をとることが大切です。

片頭痛(血管性頭痛)~ズキズキする、動かしたときに痛む

片頭痛は、頭の片側(または両側)が脈打つようにズキズキと痛む頭痛です。吐き気、嘔吐を伴うことがあり、光・音に敏感になるなどの症状があります。痛みは強く、4~72時間ほど持続し、体を動かしたり入浴したりすると悪化するのが特徴です。原因はまだはっきりしていませんが、何らかの刺激が三叉神経(脳から直接出ている神経)の刺激につながり、さらに連鎖反応的に血管の拡張や炎症が発生していくためと考えられています。
片頭痛が起こる前には、目の前がチカチカする、目が回るなどの前兆が現れることがあります。20~40歳代の女性に多くみられ、月経時やその前後に発症するケースも多くみられます。妊娠中は、一時的に片頭痛が軽減される人が多数いますが、半数の人は出産後1ヵ月程度で再発します。
最近は医療用成分でよく効く薬がありますので、専門医の診療を受けましょう。ただし、くも膜下出血などの重大な疾患を片頭痛と間違える危険性があるので慎重な判断が必要です。
この頭痛を引き起こす原因としては次のようなことが考えられます。

  • ストレス・精神的緊張(解放されたときに起こりやすい)
  • 疲れ
  • 空腹
  • アルコールの摂取
  • 寝不足(寝過ぎ)
  • 月経
  • 人ごみや騒音などの物理的な刺激
  • 天候の変化

緊張型頭痛(筋肉収縮性頭痛)~ジワジワ締めつけられる感じがする

一次性頭痛のなかで最も多いとされるのが緊張型頭痛です。後頭部、こめかみ、額を中心に頭重感や圧迫感または締めつけられるような痛みがジワジワと発生し、しばらく続きます。光か音のどちらかに過敏になる人もいますが、片頭痛のように吐き気や嘔吐が発生することはなく、体を動かした際に痛みが悪化することもありません。痛みの強さは軽度~中程度で、日常生活に支障が出ることは少ないようです。
主な原因は、頭、首、肩の筋肉の緊張によって血行が悪くなることとされていますが、ストレスなどの神経的な緊張が引き金となることもあると考えられています。
なお、緊張型頭痛のある人が片頭痛を起こす混合型もあります。
この頭痛を引き起こす原因としては次のようなことが考えられます。

  • ストレス(身体的・精神的)
  • 顎関節症(あごの関節の異常)
  • 長時間同じ姿勢でいる(うつむき姿勢など)
  • 運動不足
  • 眼精疲労

群発頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛~目の奥にガーンという衝撃が、ある期間、毎日起こる

頭の片側に頭痛が現れ、それと同じ側の目や鼻、耳などに異常が現れる頭痛を「三叉神経・自律神経性頭痛」といいます。群発頭痛は左右どちらかの目の周囲からこめかみのあたり(前頭部~側頭部)にかけての激しい痛みと、痛むほうの目の充血、涙、鼻水、鼻づまり、まぶたの下垂などといった症状を伴うのが特徴で、痛み発作は1日に2~8回繰り返され、数日~3ヵ月ほどの間、集中して続きます(群発期)。頭痛が起こらない時期を経て、また群発期がやってくる場合(反復性群発頭痛)や、群発期が年中続く場合(慢性群発頭痛)もあります。
発症年齢は20~40歳で、男性に多い傾向がありましたが、近年、男女差は徐々に減少する傾向にあります。痛みが起こるメカニズムとしては、目の奥の動脈の拡張が原因でうっ血や炎症が起こり頭痛につながるという説、眼や上顎、下顎に向かって走る三叉神経の活動が過剰に高まることによって発生するという説などが考えられています。
睡眠中に起こることが多く、激痛で目が覚めることがあります。
この頭痛を引き起こす原因としては次のようなことが考えられます。

  • 飲酒
  • 喫煙
  • 血管拡張剤の服用
  • 気圧の変化

頭痛が起こったらどうする?

今まで感じたことのない頭痛や、思い当たる原因がない頭痛など、心配な場合は医療機関を受診するのがおすすめです。日常的な頭痛のコントロールには市販薬も活用できます。病院と市販薬でのセルフケアを両輪として、痛みを最小限に抑え、快適な毎日を過ごしていきましょう。

医療機関(病院)での受診をおすすめする場合

下記のような場合は医師の診断を受けましょう。

  • 今まで感じたことのない痛みがある場合
  • 突然痛みが出て、どんどんひどくなる場合
  • 頭痛が何度も起こり、最初と比べて痛みが強くなっているように感じる場合
  • 頭痛とともにめまいや吐き気、嘔吐などが現れてきた場合
  • 頭痛とともに目の見えにくさや手足の動きにくさなど、何らかの体の異変を感じた場合
  • 頭痛とともに熱や発疹が生じた場合

特に、ガンガン殴られるような激しい痛み、高熱、意識障害、手足の麻痺、ろれつが回らなくなるなどの症状が出ているときは、緊急性の高い脳の病気が原因になっているかもしれません。ためらわず、すぐに病院に行きましょう。

慢性頭痛でも、寝込むほど痛みが激しい片頭痛を繰り返していたり、群発頭痛が長期化していたりしてつらい場合は、専門医のいる頭痛外来などの受診をおすすめします。頭痛外来では、頭痛のタイプを正確に診断したうえで、その痛みの原因そのものに働きかける薬を処方するなどの治療を行っています。

他に原因がある場合の対処法

頭痛の原因に思い当たるものがある場合は、頭痛薬を服用するより先に、その根本について改善を試みることも大切です。

熱中症

熱中症による頭痛の可能性があるときは、体にこもった熱を逃がすことと、水分や塩分を補給して体液のバランスを改善することを優先しましょう。

二日酔い

二日酔いで吐き気があると、頭痛薬を飲みたくても飲めない場合があるかもしれません。そのようなときは、先に胃腸薬を使用するのもよいでしょう。

眼精疲労

「目を使い過ぎると頭痛が起こることが多い」という自覚がある人は、長時間目を酷使せず、意識して休憩をはさむよう心がけるのが大切です。メガネなどの度数のチェックも定期的に。目のはたらきをサポートするビタミンB1を主とした薬の服用もおすすめです。目の周りや肩のマッサージ、蒸しタオルで目を温めるなどの対応も加えて、疲労改善をはかりましょう。

悪化したり治らない場合はまず受診を

緊張型頭痛など一次性の慢性頭痛を持つ人にとって、手軽に買える市販薬は、頭痛に邪魔されずに日常生活を送るために助かる存在ですよね。薬を上手に使うことは、慢性頭痛をコントロールするうえで重要です。
しかし、「そういえば、最近薬が減るのが早いような…」「なんだか毎日頭痛薬を飲んでいるような気がする」…そんな人は要注意。日増しに頭痛がひどくなっていくような場合はもちろん、服用頻度を振り返ってみて、月10回以上も市販薬を服用しているということに気づいた場合は、病院に相談することをおすすめします。鎮痛薬の使い過ぎによってかえって症状をこじらせてしまう「薬物乱用頭痛」に陥る可能性もあります。
薬の説明書をよく読み、用法・用量どおりに使ってもよくならないときは、背景に別の理由がある可能性も考え、服用を中止して医師や薬剤師に相談しましょう。

頭痛を予防するには?

頭痛の症状は、飲み過ぎやスマホの使い過ぎなど、自分次第で防げるものもありますが、病気のサインとして見逃さないことが大事なときもあります。どんなときに症状が出やすいかを自分なりに把握して、予防と対処に努めましょう。

予防が大切なときと、痛みの原因を見極めるのが大事なとき

一次性頭痛は、普段の生活のちょっとした無理や疲れから引き起こされることが多いもの。頭痛になりやすいという自覚がある人は、自分にとって頭痛が発生しやすい時期や状況はどんなときかを考えてみましょう。例えば「忙しくてストレスが多いときになりやすい」、「季節の変わり目が多い」…など。そうした条件を見極めて、該当しそうな場合にはぜひ積極的に予防を心がけてください。
ただし、危険な病気が原因で起こる二次性頭痛には注意が必要です。特に、いわゆる「頭痛もち」で慢性的に一次性頭痛を経験している人は、「いつものこと」と誤解して危ない頭痛を見逃してしまわないよう気をつけましょう。
日々の予防を心がけつつ、もし頭痛が起こったら、それがよくある頭痛(一次性頭痛)か、いつもと違う頭痛(二次性頭痛)なのか、しっかり見分けていきましょう。

慢性頭痛の対策は症状ごとに異なる。真逆の対策もあるので要注意

慢性頭痛は生活習慣やストレスによって起こる場合が多いため、規則正しい生活を送ることである程度予防できます。どのタイプの頭痛でも、適度な睡眠と十分な休息をとり、心身ともにストレスをためないようにすることが大切です。また、頭痛を引き起こす要因を避けることも予防につながります。

片頭痛の予防法

規則正しい生活を心がけ、疲れやストレスを感じたら早めに休息をとることが大切です。
空腹による血糖値の低下が誘因となることもあるため、食事を抜いたりせずにきちんとした食生活を送りましょう。片頭痛がある人はそうでない人よりコーヒーやお茶、脂肪が多い食べ物の消費が多い傾向があるともいわれるため、食事内容のバランスを見直してみることも重要です。
睡眠習慣も大きく関係するため、寝不足・寝過ぎに気をつけましょう。
発作を誘発する飲食物としては、アルコール類が知られています。アルコールは血管を拡張させる作用があるため、痛みを増幅させます。飲み過ぎに注意しましょう。特にワインは片頭痛の誘因になりやすいことで知られています。
アルコールと同様に血管を拡張させる入浴やマッサージ、ストレッチなども、痛みが出そうなときは控えるほうがよいでしょう。

緊張型頭痛の予防法

一番の予防法は、血行をよくしてリラックスすることです。首・肩への負担を軽減するために正しい姿勢を心がけ、長時間、同じ姿勢でいるときは筋肉の緊張をほぐすために適度なストレッチを行いましょう。
血流を改善するためには、湯船にゆっくり浸かる、マッサージをする、といった方法も挙げられます。
根を詰め過ぎずに、息抜きをしながら精神的にリラックスすることも大切です。

群発頭痛、三叉神経・自律神経性頭痛の予防法

頭痛が発生する「群発期」には、アルコール類を飲まないようにしましょう。頭痛を誘発し、痛みをひどくさせる原因ともなります。
また、発作が起こる時期はその人によってほぼ決まっていますので、必要な時期に病院で予防薬を処方してもらうという方法もあります。

パソコンやスマホの使い過ぎ、ストレスのため過ぎを避ける

パソコンやスマートフォン(スマホ)は、今やそれなしでは成り立たないという人もいるほど日常生活に浸透しています。しかし、これらを使うときは長時間前かがみの姿勢をとることになったり、画面を見つめ続けたりしがち。結果として、首・肩のこりや目の疲れなどが起こり、そこから頭痛に発展することも少なくありません。
パソコン、スマホを使うときはこまめに休憩する、時々姿勢を正してストレッチするなどの対策をとりましょう。
また、ストレスはすべての慢性頭痛に共通する誘因といわれています。自分ではまだ大丈夫と思う段階でも意識的に好きなことをする時間をとるなどして、こまめに解消をはかりましょう。ただし、アルコールは頭痛を誘引しやすいので、飲み会で発散するのはほどほどに。飲み過ぎと二日酔いにも注意してください。

気圧の変化が頭痛に影響するって本当?

「雨が降ると頭が痛くなる」。そんな自覚がある人はいらっしゃいませんか?
気象に連動して体調を崩す人がいることは昔から知られ、特に低気圧のときに頭痛などを訴える人は珍しくないといわれます。なぜ気圧が変化すると体調も変化するのでしょうか。
原因は明らかではありませんが、自律神経(交感神経、副交感神経)のバランスの崩れと考えられています。気圧の変化は体にストレスを与える出来事であるため、体はそれを感じると、心身を活発化させる「交感神経」のほうを積極的に活動させます。その結果、血管を収縮させたり、ほかの神経を圧迫させたりして、頭痛を含め、さまざまな痛みを感じさせるようになると考えられています。

出典:第一三共HP