診療時間 / 8:30~12:00 15:00~18:00

休診日 / 日曜日・祝祭日

十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍とは?

十二指腸の粘膜がただれ、傷ついてしまう病気です。十二指腸の粘膜は薄いので、出血したり穴があいてしまうことも起こります。胃に近い部分に多く見られます。

十二指腸潰瘍の主な症状

空腹時、特に夜間にお腹の上の部分に痛みを感じることが多く、吐き気、胸やけなどが起こる場合もあります。穴があいている場合は激痛が起こります。穴から消化中の食べ物が流れ出して炎症を起こしてしまい、すぐに手術を行わないと生命に関わる場合もあります。

十二指腸潰瘍の症状

胃から分泌される胃酸の影響を受けています。 ストレス、食事、喫煙、薬剤などの影響により、粘膜を守るはたらきが弱くなってしまい、胃酸が十二指腸の粘膜を溶かしてしまいます。 十二指腸の粘膜は胃と比べて酸に弱いため、胃酸の分泌が多いと傷つきやすくなります。また、ヘリコバクター・ピロリ菌が大きな原因になっていると考えられています。 十二指腸潰瘍の患者(かんじゃ)さんの約95パーセントがヘリコバクター・ピロリ菌に感染しているといわれています。

十二指腸潰瘍の治療法

症状に合わせて胃酸の分泌を抑える薬や粘膜を守る薬を使います。ヘリコバクター・ピロリ菌に感染している場合は菌を除去する薬を使います。 潰瘍から出血している場合は内視鏡による止血を行います。 安静にして、たばこ、アルコール、熱いものや辛(から)いものなどの刺激の強い食べ物を避け、消化のよいものを食べるようにすることが大切です。

出典:中外製薬